News & Information

2020年3月25日発売「シスターシティーズ」楽曲提供5名よりコメント到着!

2020年3月25日(水)発売
ミニアルバム「シスターシティーズ」
楽曲提供の【田淵智也、NARASAKI、Kenichiro Nishihara、堀込泰行、横山 克】よりコメントをいただきました。

商品詳細はこちらをご確認ください。

コメント

田淵智也
優しくもあり凛とした情緒のある歌声。
他の声優シンガーさんではあまり聴けないこの声をどう活かすか、
僕なりの提案が今回の曲になります。
皆様にどう受け取ってもらえるでしょうか。
楽しみ半分不安半分です。

NARASAKI
始めて早見さんのコンサートを見させていただいた時
中でもピアノの弾き語りが素晴らしく
自分がもし曲を担当することがあったら
なるべくシンプルな楽器構成でつくりたいなと思っていました。
それもあって心がけたことは
「何を持って有意義な録音にするか?」という課題でした。
そこで今回歌とギターはあえて同じブースでいっぺんに録音することにしました。
波動の共有が出来たらと思ったからです。
薄暗くした照明の中、歌に集中している早見さんはとっても格好良くて
それを見て自分もその波動をうけた演奏ができたように思えました。
歌詞に関しては事前に早見さんに
自分がこの曲に見えている景色や存在感を共有しました。
出来上がりはとても気に入っててよく聴いてます。
特にドライブ中にはよく合います。
幸せのお裾分けって気持ちでリスナーさんにもうっとりしてもらえたら嬉しいです。

Kenichiro Nishihara
お声がけいただいたことに驚き、嬉しい限りでした。
自分の楽曲も聴いていただいていたとのことで、Kenichiro Nishiharaのエッセンスを凝縮して
自分のシングルになるような曲を目指しました。
プロダクションは普段の制作布陣で臨みましたので、
仮歌の段階では男性ボーカルだった楽曲です。
早見さんの歌で全く新しい世界に曲が生まれ変わる事は最高の喜びです。
リスナーの方にも楽しんでいただければ幸いです。

堀込泰行
お話を頂いて、早見さんが好きなアーティスト達の色んな楽曲が入ったファイルを聴いた時に
「本当に音楽が好きな人なんだなぁ」と思いました。
それらの楽曲に負けないように僕も歌心を大事にしながら、
また早見さんの声が乗った時をイメージしたり、
とにかく楽しんで作曲をしました。
早見さん、そしてファンの皆さんに楽しんで頂けたら嬉しい限りです。

堀込泰行

横山 克
早見さんとは、”四月は君の嘘”や”彼方のアストラ”などの作品を通してキャラクターソングを書かせて頂いたことがありました。
誰もが認めるところの歌姫。
それが故に、私をはじめ多くの作曲家が「難しい歌」を書いてしまうのでしょう。
しかし、もっと別の側面の早見沙織というアーティストも見てみたい、
そんな想いがずっとありました。それを叶える機会が頂けた事、とっても嬉しいです。
今回の曲を書くにあたって、早見さんとは「旅」の話で超盛り上がりました!
私、旅をしながら曲を書くのがとても好きなのですが、今回の曲には、まるで旅をしているかのような気分をパッケージしています。
霧がかった、靄がかった、旅先でしか出会えないような景色を追体験するような、そんな作品を目指しました。

PROFILE

田淵智也
タブチトモヤ/ロックバンド、UNISON SQUARE GARDENのベーシストにして、作詞・作曲も手がける。数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュース等も行う。クリエイターチーム、Q-MHzのメンバーとしても活動中。
HP=http://unison-s-g.com/

NARASAKI
自身がボーカルを担当するバンドCOALTAR OF THE DEEPERSや筋肉少女帯のボーカル・大槻ケンヂによるバンド「特撮」 にてギタリストとして活躍中。
ソロの活動としては「ザ・クイズショー」(主演 櫻井翔)などのテレビドラマやアニメ "覆面系ノイズ"、"はなまる幼稚園"などのアニメ劇中音楽やCM音楽、KEY TALKや 忘れらんねえよのプロデュース、ももいろクローバーZ、BABY METALへの楽曲提供。15年、映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」』主題歌「『Z』の誓い」の作曲など幅広く活動。
2019年、ももいろクローバーZが歌う"ちびまる子ちゃん"主題歌 「おどるポンポコリン」新バージョンにアレンジャーとして参加。2020年1月22日、NARASAKI名義で『HINODE TRACKS (SOUND FORRELAXATION)』をリリース予定。

Kenichiro Nishihara(西原健一郎)
音楽レーベル・プロダクション“Jazcrafts” (アンプライベート株式会社)代表
96年よりファッションを中心に幅広い分野の音楽プロデュースを手掛け、現在も東京コレクション・パリコレクションといったショーをはじめ、GinzaSixやHermes銀座店内シャンパンバー等の店舗内サウンドディレクションを手掛けている。
自身のアーティスト作品としては1st『Humming Jazz』(2008)が、Billboard JAPAN Jazz Artist of the Year 2009/優秀ジャズアーティスト賞にノミネートされる等、一躍シーンの中心に登場し、その後の作品も国内外にてヒットを記録。2018年にはデビュー10周年を迎え、ベストミックス&リミックスアルバム『Kaleidoscope Suite』をリリースし、JAZZを中心としたDJスタイルやバンドセットで国内外のイベントやフェスに数多く出演している。
今年の2月にはアジアツアーを共にしたMichael KanekoをはじめSIRUP、MARTER、Sam Ock、Substantialなど国内外のアーティスト達をフィーチャリングしたNEW ALBUM『Elastic Afterwords』をリリースし、iTunesジャズチャートにてアルバム・ソング部門共に1位を獲得。また、別名義プロジェクトESNOではDAOKOを迎えた “夕暮れパラレリズム feat. daoko” やリリカルスクール・963などへ提供した楽曲が、次世代HIP HOPを予感させる、淡くPOPな世界観が多⽅面から支持を集めている。
その他、企業ブランドとのタイアップ企画、アーティスト・アイドルのプロデュースなど多岐にわたるプロジェクト・作品で手腕を振るっている。

堀込泰行
97年兄弟バンド「キリンジ」のVo/Gtとしてデビュー。2013年4月12日 同バンドを脱退。
以後、ソロアーティストとして活動を開始。
2014年11/19 シングル「ブランニュー・ソング」でソロデビュー。現在まで1st アルバム『One』、コラボレーションEP『GOOD VIBRATIONS』、 2nd アルバム『What A Wonderful World』をリリースしている。
代表曲はソロ作「WHAT A BEAUTIFUL NIGHT」「Waltz」や キリンジ時代の「エイリアンズ」「スウィートソウル」など。
希代のメロディメーカーとして業界内外からの信頼も厚く ポップなロックンロールから深みのあるバラードまで、 その甘い歌声は聴くものを魅了し続けている。

横山 克
作曲 / 編曲 1982年生まれ。国立音楽大学作曲学科卒業。
アニメやドラマ、映画などの映像作品の音楽を担当するほか、ももいろクローバーZをはじめとしたアイドルへの楽曲提供も手がける。
世界各地でのレコーディングや、自ら制作するサンプリング素材でのサウンド構築など、常に固有の音楽を探し求めている。主なアニメ作品は「山田くんと7人の魔女」「四月は君の嘘」Fate/Apocrypha」「彼方のアストラ」など